上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶ昔のことなのですが、仕事やプライベート、人間関係、自分を取り巻く環境など
さまざまな出来事が重なって、けっこうな人間不信に陥ってしまったことがあります
そして、そうとうまいっていたんでしょうね、
『人って怖いなー』『人は孤独な生き物』『どうせ人は一人で生きていくものだから』
などと考えてしまうようになり、人との接触を極端に避けていました。

ある日、布団に寝転がりながら、いつもみたいにイジイジしておりました
すると、天井から光が射してきて、
その中に男性がいました(のちに右側にいる守護霊sさんと判明)
男性は私に話しかけてきます
『お前は、無駄に寂しい寂しい、孤独だ孤独だと言いすぎる。
 どうしてそういう考え方をするのだ!私がいつもそばにいるではないか!
 どうしてそれに気付かない!お前は孤独ではない!』
と言って、ソフトボールくらいの薄いピンクのボールを私に向かって投げてきました
そのボールは私の胸と胸の間(ハートチャクラ)に見事に当たり、当たった瞬間、
眩しい光が一面を覆い、次第に胸に温かいものが流れてくるのを感じたのです
その時から不思議と気持ちが前向きに変わってきて、人間不信からも解放されました
今思えば、気持ちに余裕がなくて、物事を自分側からしか見ることができなかったこと、
そのことへの執着のが、人間不信の原因だったように思います

その出来事があってから私は孤独というものを一切感じなくなりましたね
いつもそばにいてくれる存在がいると知ったのですから(*^_^*)
Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/64-1dbb757b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。