上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は久しぶりに親友と電話で話していた
その時に友人が
『私、やっと妊娠したよ!まだ一カ月何だけど』
と報告があった。
それはめでたいことである!体大事にしてねといい電話を切った

何日かして、その親友からメールが・・・
検診に行ったら心音が確認できないこと。
先生がいうには小さいから確認できないのか、残念だけど亡くなっているか
どちらかだという。
1週間後にもう一度確認してみて、心音がなければ処置するとこになったらしい

そして1週間後の夜のこと

私はベットの上でうたた寝をしていた
その時に、自分の体が抜けていて、何かを抱いていることに気がついた
『これは・・・何だ??犬?いや、犬って感じじゃない。小さいけど何だろう?』
そう思っているうちに、私が抱いている『何か』は、上のほう(光の世界)に
吸い込まれていった
いつもだったら、私がそれにつられて上に行くことはない
しかしこの時は違ったのだ(驚)
『何か』と一緒に上に行ってしまったのである。こんな経験は初めてだった

真っ暗で広い世界、ずっと歩いて行くと、大きな体育館のような部屋があった
その中に入ると小さな布団が敷いてあって、その上に赤ちゃんがたくさん寝ている
赤ちゃんの頭の上には『○○様』と書かれた札が立てかけてあった
赤ちゃんは大きい子やすごく小さい子、赤ちゃんの顔をしていない子、
正直、おっさん顔の子など、さまざまだった

そしてさっきまで疑問だった『何か』がなんなのかわかった
赤ちゃんを抱いていたのである
そして、疑問が解けたところで、我に返った

あれは、赤ちゃんセンターか!
この世に生まれてくる直前の赤ちゃん達が待機している場所だった
『○○様』のところに生まれるのである
赤ちゃんの大きさが違ったりしてたのは、おそらく魂の進化度だったのではないか
と思う

この時はまだ、私は抱いていた赤ちゃんが親友の赤ちゃんと結びついていなかった
続きは明日です♪
Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/33-cf2cd3d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。