FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事でグレーの2人組宇宙人のことを書いたが、
その出来事のあとで、また宇宙人がらみか?と思うようなことがあった

その当時、私は夜勤のある仕事をしていた
その日も夜勤をこなして、家に帰宅したのは朝6時くらいだった
『うぅー眠ーい、早いとこ寝ちゃおっと』
さっそくベットに入り、爆睡しました

途中で目が覚めると、自分の体のフワフワしていることに気がつく

『こ、これは、抜けているな・・』
これが初めての幽体離脱ではない。こんなことはしょちゅうある
しかし、何かの理由があってこういう状況になっているワケであって、それが重要。
『眠いのに何だよぅ~、寝かせておくれ~』
という気持ちでいっぱいになる

今回の幽体離脱は今までの幽体離脱で違う点があった。
いつもなら、自由に体が動かせるのだが、今回はそうではない。
何かに引っ張られているカンジなのである

あっという間に天井まで浮上し、今度は壁に近づいていく
『壁にぶつかる!!』
と思って目を閉じたら、意外にもスルッと壁をすり抜けて外に出てしまった
その後、どんどん高く上がって行き、いつも見慣れた街を上空から見ていた。
そうしている間にも、上へ上へと引っ張られていく
高さは高層マンションを優に超えている

『この勢いだと地球を出ていくな・・・う、宇宙に連れてくつもりなのか??』
という思いがよぎる

そして下をマジマジ見ると、人がなかり小さく見えるようになってきていた
足場がない高いところは高所恐怖症の私にはかなりキツイ・・・
高いことにいることが(笑)急に怖くなって
『すいません、戻してください、お、お願いします。また今度にして下さい』
と祈ってみました
すると、次の瞬間、ベットに戻りました(ホッ)

周りにいるスピっ子達に確認の為、聞いてみたら
『私、その方法で宇宙に行ったよ~!』って子がいた
あとで冷静に考えてみると宇宙に行けるチャンスは、滅多にないから
あの時に行っておけばよかったかも・・・と思った私でした
Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/28-4b3387ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。