上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臨死体験のお話を2回連続でしましたが、
このお話には、後日新たに判明した事実がありました

あの手術の後、東京の自宅で療養してました
しばらくして、静岡の実家の近所のおばさんからお手紙を頂きました
そのおばさんは、同級生のお母さん。
とても純粋な方で、手紙を読んで知ったのだが、
よく神様に拝んだりする方だったようです

その手紙には
大変な手術をすると知って、手術が無事に終わるように、手術が行われている時間に
神様にお祈りをしてくれていたとのこと。
一通り、お祈りをして空を見上げた時に、雲が龍の形をしていたとのこと。
この龍が私のことを守ってくださると確信し安心したと書かれてあった。

私は感動と驚きでしばらく声がでませんでした

手術後、危ない状態の時に龍が命を助けてくれたこと、
おばさんが見た空に雲の形で現れた龍。
すべてが繋がった瞬間でした

その後、実家に帰った時におばさんに会いに行き、手術後に起こったことを
お話しました。

ちなみにこのおばさんは祈祷師とか霊能者とか宗教人ではないです
50歳になって看護師の資格をとって、バリバリ働いていて、とてもバイタリティの
ある方です
祈る力のすごさ、おばさんの愛情があってこそ、神様に届いたのかなと感じています
Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/16-aed68932
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。