上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.11 臨死体験
私は生まれつきの病を抱えていて、これまでに4回の手術を繰り返している。
現在の医学では治すことのできない病気で、常に経過観察→悪化したらハイ、手術
という生活を繰り返してきていた。
今は一通り手術を終えたので当分のあいだは入院することも、手術をすることもないだろう
いきなり、重い話ですいません
現在は元気に普通の生活をしているので、どうぞご安心を(笑)

手術は1回、14時間くらいかかるかなり大がかりなものです

その2回目の手術の時のできごとです。

手術が終わって、ICUに移り治療を受けてました
目を開けて周囲を見てみるんですが、真っ暗なんです・・・
装置の音だけがピッ・・・ピッ・・・とやたらに大きく聞こえてきます。
(よく医者もののドラマで見るアレです)
あれ?ICUってこんな感じだったかな?なんでだろう?ここはどこだ?
色々考えていました。
すると突然ICUの部屋から『ピピピピッ(警告音)』が鳴り響きました
ICUは個室ではないので、他の患者さんもいます
なので私は
『なんか、死んじゃいそうな危ない患者さんがいるんだなー、大変そうだな』
なんて呑気に考えてました。
そして次の瞬間、唖然です
『あれ、私、息してない??いつから?』
危ない患者さんとは、私だったのですよ

看護師さんが『○○さーん、わかりますか?』『先生呼んできて』等の声が聞こえます。
なんとか、処置をして頂きその時は大丈夫だったのですが、その状況が何回も繰り返されます

そのうち慣れて?きて、『またか・・・』と思う反面、『私もしかして死ぬ?』
とその状況を受け入れるようになってきました
そして、次のピピピピッがきたら最後だと直感でわかりました。

色々なことを考えました。
これまでの人生のこと。残していく家族のこと、彼氏のこと、友人のこと・・・
次のピピピピッでスゴイ抵抗したら・・・危機は逃れるけどまた同じことの繰り返しになる
助かる可能性はもうない
わかった!!これも運命だ!『次のピピピピッで向こうにいく』と決めました

ちょっと長くなってしまったので、続きは明日♪
Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/14-a6c8d3e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。