上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夕方のニュースを見ていましたら
『ヨガで体を壊す』
という内容が流れていました。
ヨガをすることで頸椎や股関節を痛めたり、アキレス腱を切ったりする事例が多々あるとのこと。
原因は、インストラクターの質の低下らしいです。
現在ヨガのインストラクターの明確な資格がなく、自分が『インストラクターだ』と
名乗れば、それで生徒さんを指導することができてしまうという背景がありました。

どっかでまったく同じような話があったなぁ・・・
それは『レイキ』です
現在、レイキの質の低下がところどころで囁かれています。
ヨガと同じく原因と思われるのは、レイキティーチャーの質があげられています。
レイキは色んな形で出回っていますが
大まかにレイキの習得段階はファースト、セカンド、サード、ティーチャーに分かれています。
セミナーによっては、ファースト、セカンド、サードまで、1日で伝授してしまうことろも
あるようです。
このような伝授を受けた方の中には、サードまで伝授されていても、
ファーストレベルのレイキしか出せない方が大勢います。
お金を払えば、時間もかからず簡単にサードまで伝授する体制に問題があるように私は思います。
驚くことにティーチャーズディグリーの伝授もお金を払えば、伝授してもらえる現状があります。
レイキの本質がわからない方がティーチャーになって、他の人に伝授を行う。
これでは、レイキの質が低下するのは当然のことです。
レイキなどのエネルギーはお金を払えば簡単に手に入るものではありません。
レイキを学ぶ姿勢や生活態度、人や物との接し方、そして日々の精進が非常に大切です。
本当に大切なことが忘れられているのではないか・・・と思うことがたくさんあります。
もちろん、この先生は厳しいけど、いい先生だなとか、きちんとされている方だなと思う方も
たくさんいらっしゃいます。
受ける側も本物を見極める力が求められているのだと思います。

Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/133-1de7d438
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。