上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単!タロット教室です(*^^)v
前回はカードを選ぶところまで、ご紹介しましたので、
ここでは、大アルカナの意味を簡単にお伝えしたいと思います(^o^)
詳しい意味やニュアンスは、奥が深いゆえにお伝えしにくいので、
あくまでも初心者向け、入門者向けに簡単に説明します。
興味がある方は、書店に詳しく書かれている専門書等がありますので、
そちらをあわせて見て頂くことをお勧めします。

大アルカナは0から21のカードで構成されています。
まずは、カードの名前(英語の含め)と数字をしっかりと覚えて下さい。
カードの絵柄や色合いもしっかりと見て、雰囲気を把握しておくと、今後占う時に重宝します。

では、0の愚者(THE FOOL)です
大アルカナでは愚者が主人公です。
この愚者が成長していく様がカードに表現されています。
愚者は生まれたばかりの魂であり、まっさらな状態です。それゆえに物事を考えることがなく、
自由気ままな状態を示します。
制限もないので、そこには無限の可能性がありますが、保証されたものではなく何かのきっかけで
それがゼロになる可能性も秘めています。
(正位置の意味)
・いい意味で何もない
・全く白紙の状態
・ジョーカーと同じで何ものにも変わりうる可能性がある
・あらゆる可能性に満ちている
・自由、身軽
・あまり物事を深く考えていない(裏がない)

カードが逆になると、この自由さが暴走したり、
まっさらな状態であるゆえの無知さが目立つ傾向になります。
絵柄でも崖っぷちにいるのに、上を向いて軽やかに歩いていることから、
その無謀さや、地に足がついていない状態が伺えます。
(逆位置の意味)
・後先を全く考えないことによる無謀さ
・計画性のなさ
・足元がしっかりしていない
・愚かな選択
・すべてを投げ出している状態
・無責任、自分勝手

恋愛で占ってこのカードが出てくると、可能性はあっても相手が本気になる要素が
足りていないというケースになるでしょう
(注:前後カードによって意味、依頼者の状況によって読みは異なります)

次回はⅠ魔術師(THE MAGICIAN)です
では

Secret

TrackBackURL
→http://sarariera.blog.fc2.com/tb.php/126-7bfc0ed4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。